タキシード選びのポイント③価格

いくら予算を削ろうとしても、結婚式を挙げるとなるとそれなりにお金がかかります。なにより結婚式は花嫁の晴れ舞台ですから、大抵の女性は少々値がはるとしても、気に入ったウェディングドレスを選びたがるものです。そうなると、花婿の衣装を節約せざるをえませんよね。
ではその衣装、ほとんどの人が選ぶタキシード。レンタルとオーダーがありますが、どちらがお得なのでしょう?
花婿さんが今後もタキシードを着る予定があるのならば、断然オーダーを選ぶべきです。オーダータキシードの専門店ならば200種類以上の生地から選べ、質感や柄も選べます。シルエットも自分に合わせて作りますから着心地は良く、そうなると愛着もわくでしょう。愛着のある服は大切に長く着ようとするでしょうし、その時採寸した体型を保とうとするでしょう。その結果、毎回レンタルする費用も手間も要りませんし、メタボ体形になった結果の成人病などのリスクを避けられ、最終的にはかなりお得感です。

安すぎてもダメ

トータルコストとして考えればかなりお得なタキシードのオーダーですが、もちろんレンタルするより価格は高くなります。自分の結婚式で着たあと、友人の結婚式やパーティなどに参加する予定がないならば、レンタルで済ましてしまいましょう。ウェディングドレスほど数はありませんが、レンタルタキシードもピンからキリまであります。とは言え結婚式は花婿さんにとっても晴れ舞台。自分の肌色、サイズやイメージに合うものを、安物買いの銭失いにならないように、予算の許す限りで厳選しましょう
オーダーにするにしてもレンタルにするにしても、ウェディングドレスとのバランスを取ることが大事です。花嫁のウェディングドレスがシックでシンプルなのに、花婿のタキシードがド派手ではおかしいですよね? 第一よほどのイケメンでない限り、そんなタキシードは日本人には着こなせません。そしてその逆もまたしかり。ウェディングドレスは豪華なのに、タキシードがチープでは式が台無しになります。

 

ウエディングドレス
タキシード選びのポイント②色

結婚式のタキシード選び、2番目ポイントは、色です。ウェディングドレスには時代によってシルエットや色の …

タキシード
タキシード選びのポイント➀シルエット

結婚式のタキシードといえば、着丈の長いものを想像する方が多いかもしれません。確かにタキシードのジャケ …